• attention

    孔凸デザイン製品について

    素材について

    ●天然素材の革を使用しています。バラキズ、トラ、色ムラ、血筋等革が本来もっている痕跡が現れる場合があります。ご了承下さい。●色落ち、色移り、変色する場合があります。衣服、他の皮革製品、化学素材の製品などと一緒にご使用になる場合はご注意下さい。●水分が付着するとシミになる場合があります。水に濡れると革の表情が大きく変化する原因にもなります。

    ●シンナー、ベンジン、アルコールなど溶剤類でのお手入れは硬化や変色など製品を痛めるおそれがありますのでご注意下さい。●保管の際は高温多湿を避け、通気性のよい場所で保管して下さい。 湿気などによりカビが発生する場合があります。ご注意下さい。●体質により稀にかぶれが生じる場合が有ります。異常を感じた場合はご使用を避け専門医にご相談下さい。●革表面はデリケートなため、製造過程において当たりキズや押し跡、擦りキズなどが発生する場合があります。●接合部表面付近に稀にクラック状の筋が現れる場合があります。●床面処理をしておりますが粉が出る場合があります。

    使用時の注意

    ●使用開始時に革が硬くカード等の出し入れがスムーズでない場合や構造上止むを得ず引っかかりが生ずる場合もありますが、少しのコツでスムーズにお使い頂けるようになります。無理に押し込んだり、拡げたりすると破損の原因になります。ご了承の上ご使用下さい。●ご使用時の損傷やへこみは基本的には戻りませんが、使用を重ねるうちに革が馴染んで目立たなくなります。

    ●一つ一つの接合部が独立しているので、縫製ステッチのように1ヶ所の破断が直ちに全体の分解に至る原因とはなりません。

    修理について

    ●正常使用時による孔抜け、金具不良の修理に付きましては承ることが可能ですが、接合されている革同士を瞬間的に又は過度に引っ張ったり、接合部を突起状のもので強く突いたりすると分離分解、千切れるおそれがあります。同様に接合部を引き裂くような形で力を加えると分解、破断のおそれがあります。誤使用及び故意と判断される破損につきましては修理致しかねます。
    ●ご自身による革への柔軟剤等の塗布など、後加工が原因による表面の破損及び孔抜け等の修理もお受けできません。ご了承ください。

すべての投稿
×